クエン酸と背中にきびの関係とは

クエン酸を使ったケアで背中にきびの改善が期待できます。
繊細を利用して、皮膚表面の古くなった角質を溶かして、
皮膚表面の代謝を促すため、ニキビなどに効果が期待できるのです。

また、安価で手に入りやすいです。
クエン酸は、毛穴の詰まりを取り除いたり、
黒ずみなどの色素沈着を薄くするために効果を発揮します。負担を少なく

作り方は、コップに入れた水30mlに
クエン酸3gを溶かします。
敏感肌の場合には濃くせず
薄めの状態から始めることが良いです。

できたものをスプレーなどに入れて
使用します。
手が届く部位にはそのまま直接塗っても
問題はありません。

塗布して5分程度おいてシャワーなどで
流します。
週に1〜2回程度行なうことが良い方法です。

洗い流した後は背中にきびなどのざらつきは無くなります。
注意することは、背中にきびが炎症を起こしていたり、化膿している状態の場合です。日が落ちる

この場合には使用はせず、塗布してから時間を置き過ぎると刺激を感じることがあるため、
この場合には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)