ニキビ跡のレーザー治療の後遺症を知ろう

ニキビ跡はレーザーを使用することで綺麗に治すことが
できるようになりましたが、実はこの治療には後遺症もあります。違った見え方

その後遺症として最も大きいものになるのは
「治療後にシミができる」ということでしょう。色素が薄い

これは炎症性色素沈着という症状で、
レーザー治療直後はニキビ跡が綺麗になっても
肌が刺激に弱い状態になっています。

刺激に弱い肌に対して負担をかけてしまったり、紫外線を
長時間浴びるということになってしまうと皮膚が強く反応し、
シミが残ってしまうのです。

こうしたことについては担当してくれた医師が説明をしてくれるはずですが、
思いのほかこういった後遺症に悩む人は多いのです。

普段からしっかりと紫外線対策をし、また医師から処方された内服薬や
外用薬があるのであれば、しっかり使ってシミが残らないようにしましょう。

出来てしまったとしてもまたレーザー治療をすれば治すことはできるのですが、
そうなると余計な費用がかかるわけですからしっかりとケアをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)