ニキビ治療中でも安心!皮膚科おすすめのスキンケア方法

ニキビは皮脂の過剰分泌やストレス、乱れた食生活などが
原因で発生してしまいます。

また、間違ったスキンケアによって悪化してしまうことも
あるので注意しましょう。

皮膚科でニキビ治療を受けている場合、洗顔の際に顔を
強く擦って洗っている人もいるかもしれません。

また、ニキビを早く治したいと考えて1日に何度も
洗顔している人もいるでしょう。

何度も洗う

しかし、このような方法は間違ったスキンケアであり、
続けていると逆にニキビが悪化してしまうので注意が必要です。

ニキビ治療中は泡洗顔がおすすめとなっています。
これは泡の力で負担をかけずに汚れを落とすという方法です。

洗顔料をしっかり泡立てていくと、きめ細かな泡ができます。
それを顔に乗せるだけでも汚れを吸着することができますし、
擦り過ぎて肌に負担をかけることも無くなります。

自身のバリア機能や保湿力を失いにくいのでおすすめの
方法と言えるでしょう。

ニキビが悪化している場合や肌が敏感な場合、肌が乾燥して
いる場合は洗顔料自体が刺激となってしまうこともあります。

その場合は洗顔料を使わずに水だけで顔を洗うと良いでしょう。
水だけで顔を洗う場合、冷たい水や熱いお湯ではなくぬるま湯を
使うことがポイントです。

刺激にならないように

水の温度が低すぎたり高すぎると肌への負担が大きくなって
しまうので注意しましょう。

ちなみに、皮脂の分泌が多い場合は水だけでは汚れが
しっかり落ちないことがあります。
その場合は刺激の少ない洗顔料を試してみると良いでしょう。

洗顔が終わったら顔をタオルで拭くことになりますが、
強く擦って水分を拭き取るのは良くありません。

強く擦ってしまうと肌への負担が大きくなってしまいますし、
丁寧に優しく洗顔した意味が無くなってしまいます。

ちょっとしたことで毎日の肌へのダメージを軽減する
ことができますし、ニキビに対しても良い効果が
期待できるでしょう。

洗顔は何度も行えば良いというわけではありませんし、
基本的には1日2回で十分です。

ニキビ治療に効果のある施術について

ホルモン療法やピーリング・光治療などプロによる施術の
数々は、お肌のバリア機能を高め皮膚細胞の内側から
ニキビを改善していく効果に最も優れるニキビ治療だと
いえます。

ホルモン療法は大人になってから発生しやすいアダルト
ニキビに効果を発揮するニキビ治療法です。

プロの施術

男性ホルモンの過剰な分泌によって引き起こされる
ホルモンのバランスを正常に整えて、お肌のバリア機能を
安定させ、ニキビの根本から改善していくという施術になります。

ピーリングはニキビの原因である古くなった角質を除去して、
角栓が出来にくいお肌に導く作用を持っています。

またお肌のターンオーバーを促進する作用に優れるので、
ニキビ跡や色素沈着にも有効な治療法とされています。

光治療やフォトフェイシャルはLEDライトを用いた
最先端のニキビ治療を実現しています。

強い肌

光のエネルギーによって皮脂の分泌を抑えて、
皮脂バランスを整える作用に優れます。

またお肌の新陳代謝を活性化して再生サイクルを
安定させるので、継続することでニキビの
出来にくい強いお肌に生まれ変わる効果にも
期待が出来ます。

おでこに出来たニキビの治療に有効な方法

おでこにニキビができてしまった時の有効なニキビ治療。
それは常におでこを清潔に綺麗に保っておくことです。

おでこのニキビ治療は難しいのではないかと
考えている人もいますが、毎日しっかりとケアする
ことでニキビ治療が可能です。

まずは、前髪がかからないように注意しましょう。
前髪で隠してしまうと、汗をかきやすくなります。

おでこにかいた汗をそのままにしてしまうと、
汚れがたまって細菌が繁殖してしまうのです。

おでこ

そうならないためにも、前髪を垂らさずに
きれいな状態にしておくことが大切です。

皮脂汚れもたまりやすい部分なので、気が付いたときに
あぶらとり紙などで皮脂をとってみたり、
こまめに洗うことを忘れないようにしましょう。

ビタミンを含んだ食べ物

そして何よりも大切なのが食生活です。

野菜やフルーツなどビタミンを含んだ食材を食べることで
お肌がきれいになります。

脂っこいものやファーストフードのようなものばかりを
食べるのではなく、体に良いものを摂取しましょう。