何も効かないニキビ跡にはレーザー治療

ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それぞれの状態によっては
なかなか治療をしても効果が無いというようなことがあります。

高級な化粧品を使っても、ケミカルピーリングをしても
効かないというような場合、最後の手段として採用できるのが
レーザー治療です。分かれ道

ニキビ跡には大きく分けて二種類あり、一つが色素沈着と呼ばれる物、
もう一つが皮膚の組織が壊れてしまっているものです。

色素沈着に関してはレーザーが持つ色素選択性という
異常が発生している色素細胞だけを選んで破壊する
性質が効果を示してくれますし、皮膚の組織が壊れていると
いう場合でも、熱のエネルギーによって細胞を刺激し、
回復を促す効果があります。

こうした効果があればかなり重度のニキビ跡でも
効果的な治療ができるようになります。色が付いている

健康保険が適用されないケースが多いため費用負担が
大きくなることも多いのですが、それでも本当にニキビ跡に
悩んでいるのであれば最後の手段として選べる
心強い味方なのです。